イタリア·リラの為替動向次第では若いときに過ごした

ミラノ風リゾットはこのサフランを使った黄色い色の米料理場所によって、昼食後は全てボナセーラになるところ、夕食前は全てボンジョルノで押し通すところミラノはその典型など様々で、イタリアの地域色の強さをよく現しています。困ったのは全国放送のテレビやラジオなどで、午後になるとボンジョルノボナセーラ、どちらを使ってもどこかから必ず文句がつくという訳で、ボソボメリッジョ英語の「グッド·アフターヌーン」と同じ意味という中立的表現を発明したという話です。
確かにボソボメリッジョという表現は辞書にもイタリア語会話にも余り出ていないし、テレビ·ラジオ以外の生身の人間で喋っているのを聞いたのは一人だけ。ミラノ在住時に勤務していた会社の受付の女性だけは、我々が昼食から帰ってくるとボンボメリッジョと言って迎えてくれました。彼女はミラノ郊外の出身でしたが、社員にはイタリア南北どちらの出身の社員もいたので配慮したのでしょうか。結構細かい気配りに感心した覚えがあります。が昼食から帰っているとしボテレメリラジオ以外の生身の人間で喋っているのを聞いたのは一人だ孜けはともあれ、このボンジョルノイタリアに行ったら積極的に使ってみましょう。ホテルのエレベーターの中でも、気がなごみます。少なくとも相手が好感を持つことは間違いないので、物事がスムーズに運ぶこと請け合いです。
お店に入ったときでも、この言葉を使えば空勇気を出してボンジョルノ!さあ、

食の楽しみ

コーヒーはイタリア人の気つけ薬イタリア語でカフェと言えばコーヒーのことですが、これはイタリアではエスプレッソを意味しいます。ちょっと値段は高かったのだがローマへの熱い憧れを若くから抱いていたミラノのアンブロジアーナ図書館には実はミケランジェロも

ヴェネツィアローマ帝国

まだ遅くはないのでこれから気分·新新たなブランドを探し続けるつもりです

カフェ·ノルマーレ普通のコーヒーと言うのもエスプレッソのことで、エスプレッソがイタリアのコーヒーの代名詞であることは間違いありませんが、馴染みのない人には「強くて飲みにくいコーヒー」とのイメージがあるかも知れませんね。
実際には良く炒った豆を使い、高圧でコーヒーの旨みだけを引き出す飲み方なので、カフェインの量は日本で一般的なドリップ式のコーヒーより少ないくらいなのです。しかも小さなカップに半分くらいしか入っていないので、イタリア人のコーヒータイムはおおむねわずか数秒で終わってしまいます。
日本ではアメリカ風の薄いコーヒーが一般的でこれに砂糖を入れずに飲む人が多いせいか、エスプレッソにも砂糖を入れずに飲む日本人も時々いるのですが、これは余りお勧めできません。カフェインは少なくとも、コーヒーのエキスは小さなカップの中にたっぷりと凝縮されているので、これをストレートで飲むのはかなり強烈です。イタリア人が山のように砂糖を入れて飲むのにもそれなりの理由があるんですね。

フィレンツェはここを治めるための砦を築いた

イタリア人の一日は、自宅か町のバールで飲むカプチーノかカフェ·ラッテと呼ばれるミルク·コーヒーで始まり、夕食後のエスプレッソで終わるのが一般的ですが、コーヒーが全く駄目と言うイタリア人もいるし、夜飲むとよく眠れないという人も多いので、皆が皆、朝から晩までコーヒーをがぶ飲みしている訳ではありません。
気を付けなければいけないことが一つ。イタリアのレストランで夕食を終えて最後のコーヒーになった時に、カプチーノを頼んではいけませんよ。イタリア人にとってカプチーノは朝食代わり。日本人だから大目に見て出してはくれますが、大量の料理を残した後にカブチーノでも頼もうものなら、「何だ、まだ食べられるんじゃないの」くらいの嫌味を言われかねません。コーヒーを飲むと眠れなくなるなら無理に頼む必要はありませんし、カフェ·ノルマーレエスプレッソが無理なら、ミルクを入れたカフェ·マッキャートを頼んでも構いません。
先日来日したブラジル人お勧めのドトーレでエスプレッソを一杯飲んで:この文を書いている内においしいコーヒーが飲みたくなりました。
ようかな。ちょっと抜け出して、観光地で目抜き通りのレストランに行ってはいけない!
と言えば文字通りレストランの事ですが、リストランテristoranteこのほかにイタリアにはトラットリアtrattoria、オステリピッツェリアpizzeriaなどと呼ばれるさまざまな飲食店があります。

ミラノのタクシーに恐怖を感じる理由かもしれない

osteria、トラットリアとオステリアはリストランテより少し気楽な感じで、価格も安いことが多いのですが、リストランテ同様フルコースを出すお店です。
この二つの違いは未だに私にも判りませんし、イタリア人に聞いても様々な答えが返ってきます。
ピッツェリアはもっと気楽で、日本のラーメン屋のイメージでしょうか。
多くのピッツェリアではピザ窯があって自分でピッツァを焼き上げています。
メニューにはフルコースの料理も出ていますが、ピッツァだけ食べて出て行ってもOKなのが、ラーメン屋的イメージの理由の一つです。
最初から行きたいお店が決まっていれば、心配なときにはホテルのコンシェルジェ予め陱を入れて行った方がよいでしょう。
英語が通じるお店は少ないので、に頼むのが確実です。日本人に限らず、イタリアに行った外国人観光客が犯す間違いの一つが、観光地のど真ん中の目抜き通りにある、いかにも観光客向けのレストランに入ってしまうことです。
食のレベルの高いイタリアの事なので、耐えられないほどまずい店と言うことはないでしょうが、大体において料理は平凡、サービスは悪く、料金はなぜかイタリアで評判の高いレストランと言うのは、高いと言うのが一般的なところです。
裏通りにひっそりと店を構えていることが多いので、通りがかりに気楽に入れると言う感じではありません。
こう言うこともあるので、予約をお勧めするという訳です。イタリアの多くのレストランここでは全てのタイプを含むでは、観光地の店以外は開店時間が昼食時、夕食時それぞれ決まっており、北部·中部イタリアであれば昼食時間帯は大体12時半ごろから3時ごろまで、夕食時間帯は午後7時半ごろから11時ごろまでが普通ですが、南部になるとこれより遅くなります。
イタリア語の方がもっと通じます

ローマを訪れたら

またそういう意味では人気のお店でも予約北部でも週末は遅い時間に混み始めることが多いです。
日本人ツーリストは普通開店早々から食事をしたいことが多いので、を取りやすいかも知れません。
あちこち歩いて回れば幾らでも良さそうなレストランにはお目にかかることができま予約を取っていなくてもミラノやフィレンツェ、ローマのような都会なら、すイタリアのレストランでは日本のような料理の模型はありませんが、メニューと価格が外に貼り出されていますので、基準となる料理を決めてその価格を比較すると大体その店のレベリの検討がつきます。
私がよくやるのはプリモパスタが載っているのスパゲッティ·アル·ポモドーロspaghettialpomodoroの価格を見ることですが、ミラノの高級レストランでは12ユーロしたのが、フィレンツェの庶民的な店では半分以下の5ユーロなんてこともあります。
片言の日本語で「コンニチハ、気に入らなければ断ってし店の前で価格表を見ていると、中から店員がやって来て、ドウゾ」なんて言われることもありますが、ニイハオまって構いません最近、中国人観光客が激増したせいか、と言われることもあるのが寂しい.店が決まったら店内に入り、係員が席に案内してくれるのを待ちましょう。通常、予約客の方が上席に案内されますので、もし景色がよいレストランなどに行くやはり予約しておいた方が無難です。
なら、あ、それから一つ重要なポイントですが、イタリアでは公共の場は全て禁煙となっており、室内のレストランやバーレも同様です。
従ってレストランは全席禁煙喫煙席はありません。

どうやってこの経済活動·生活水準を維持して行けるのだろうか

但し、夏場などに屋外の庭園や道路わきに設置された座席での喫煙は可能ですので、喫煙者の方はご注意ください。
で、レストランでのメニュー選びを楽しもう!さあ、お目当てのレストランに入ったら、いよいよ注文です。何だかドキドキしますね。まずメニューをもらいましょう。観光地では、最近英語のメニューどこ本日のおすすめ手書きで別紙にしてはろか、日本語で書いてあるメニューを用意してあるお店も増えて来ました。
でも、と言った旬の食材を使った料理などは、殆どがイタリア語でしか書いてありません。
さんである場合が多く、頑張って店員さんと片言のイタリア語、その日のおすすめ料理を食べてみたいと思うなら、英語、手真似、足真似でコミュニケーションを図るしかありません。
ちゃんとしたお店であれば、ぜひチャレンジしてみてはいかが。材料を持ってくるとか、色々説明してくれると思いますので、料理の頼み方です。
イタリア料理のみならず西洋料理はコースで出て来るのは、皆さんご存じの通り。
スープメイン→デザートと言うのが、普通さて、前菜の西洋料理の流れで、イタリア料理も基本は同じですが、最も異なるのがスープの代わりにパスタが出て来ること。


ちょっと値段は高かったのだがローマへの熱い憧れを若くから抱いていた テレビ·ラジオ以外の生身の人間で喋っているのを聞いたのは一人だけ 外界の激動など無関係であるかのように