子連れの娼婦たちを収容するための福祉施設の設立を訴えたの

ローマの将軍はこの老賢者を殺さないよう通達を出したがスタジアム見学ツアーと博物館を見たい方は、地下鉄を降りてスタジアムの左手の方に回ると入場門がありますが、こちらは有料2016年9月現在で大人が17ユーロです。ご興味のある方はぜひご覧になってください。ショッピングはイタリア人との交流の場ショッピングは人それぞれ求めるものが違うので、なかなかアドバイスが難しいのですが、イタリアでは専門店、それも個人商店に近い店がまだまだたくさんあって、個性豊かな揃えをしていると言う点をまず頭に置いてもらうことでしょうか。これは他の欧米諸国や日本と大きく違うイタリアの特徴と言って良いと思います。イタリアは中小企業の国と言われていますが、商店でも同じことが言える訳ですね。
小さなお店が面白いあなたがもしイタリアで服とか靴とかバッグを買いたいと思うのであれば、ブランド·ショップだけではなく、街中の小さなセレクト·ショップとか洋服店に勇気を持って入ってみましょう。まずはボンジョルノの挨拶から。ローマやミラノ、ヴェネツィア、フィレンツェなど観光客が多い町では片言の英語を話す店員さんも多くなっています。ただ、イタリア人が私は英語を話せると言っても、それは日本人が私は英語を話せませんと言うレベよりずっと下の事も多々あります。国民性の違いでしょうか。片言の英語でも堂々と話せば通じますし、もちろん片言であってもイタリア語の方がもっと通じます。
とにかく赤ん坊を連れて町を歩くと注目されることおびただしい三十年もしたらボルツァーノにはイタリアでも北の

イタリア式庭園の最高傑作として

フィレンツェ近郊に生まれますミラノではごく普通の現象

ショッピングでは、自分がほしいものがどんなものか、どんな色か、どんな素材か、予算はどのくらいかなどが判ればよいのです。店にある似た商品を指差して、もっと大きいのが良いとか、赤い色が良いとか、安いのが良いとか、単語を並べれば、相手は商売ですので必死にあなたの要望に応えようとするでしょう。
ファッション系の店であれば、例えば色のコーディネイトを頼むと、小さな店であっても相手はプロ。日本人では思いもよらぬようなコンビネーションを提案してくる事があります。お値段が納得できるなら、思い切ってそのアイディアに乗ってみましょう。きっと日本でそれを身に付けたら、ちょっと目を引く存在になるかも知れませんよ。
そうそう、ここでもクレジット·カードの支払では暗証番号の入力を求められます。
なくなりますのでご注意を。レストランの時と同様、うっかり入力を何度か間違えると以後カードが使えなお、イタリアでの買物には通常22%のVAT付加価値税が含まれており2013年10月1日より21%から1%増税、一定額の買物(およそ150ユーロですが頻繁に見直しがあるので、お店で確認してください)をすると輸出免税、いわゆるタックス·フリーの手続きで税金分を戻してもらうことができます。買物をした店で作成してもらった書類に.EU出国時税関で現物を見せてスタンプを押し、近くの窓口で現金で支払いを受けるか、クレジットカードの座に払い戻ししてもらえます。
スーパーマーケットへ行ってみよう!ちいさなお店と並んでお勧めしたいのはスーパーマーケットです。スーパーなんて世界中どこも同じだと思ったら大間違い。食材の豊富なイタリアのこと、生鮮食料品だけではなく、レトルトのリゾットやパスタソース、乾燥したポルチーニキノコやカラスミ、それにバルサミコ酢や豊富なワインが、街中の観光客相手の土産物店よりも数段安い値段で手に入ります。

苦労しながらも様々なバリエーションを楽しめるのも

お土産用のチョコレートなどスーパーでは簡単に入手できるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。あとは台所周りの小物などでも日本では見られないようなものがあったりします。
ちなみにイタリアのスーパーではレジ袋は有料で、袋が必要ならサケットsachettoと頼んでください。あと、日本のスーパーと違ってレジ係の人が袋詰めはしてくれず、レジを通した商品はどんどんベルトコンベヤに流していきます。ボーっと待っていると、自分の買った品物がレジの端に積みあがってしまうことになりますので、買った品物はレジの脇でせっせと自分で袋に入れなければなりません。もう一つ、スーパーでカートを借りるときは、コイン大体1ユーロを入れて借りる方式なので、小銭を用意しておく必要があります。このコインはカートを返すと返却されるシステムです。スーパーで面白いのが、ミラノを中心に北イタリアに展開するチェーン店エッセルンガEsselunga。この店は以前からユニークなデザインの広告で有名で、自社で扱っている食品を、色々なものに見立ててポスターとして使い、しかもそのデザインを表紙にしたノートやメモ帳を売っています。イタリア語を知らないとちょっとわからないものもあるのですが、番わかりやすいのはこの写真のジョン·レノンならぬジョン·レモン。このノートはお土産として好評でした。JohnLemon一つだけ困るのは、スーパーマーケットって基本的には住宅地に隣接しているので、都心にはないんですよね。従って、もし都心のホテルに泊っている場合、ホテルのスタッフにどこか近くにスーパーがないか聞くのが一番確実でしょう。ミラノであれば、地下鉄で数駅乗ればどこかにスーパーは見つかりますが、フィレンツェとかヴェネツィアではちょっと難しいかも知れません。でももし時間があるなら、努力して探すだけの価値はあると思いますよ。
パールを使いこなせばイタリア旅行の達人イタリアには日本のようなコンビニはありませんが、その役割を果たしているのが街のあちこちで見かけるバールBARです。

ピサーノピサーノ

BARと言う言葉はもちろん英語から来ているのですが、英語のバーとイタリア語のバールは発音が異なるだけでなく、実はその中身も全くと言ってよいほど異なっているので、日本のバーのイメージでバールを見ると誤解を生むだけではなく、バールを使いこなせずに終わってしまいますよ。
イタリアのバールに入るとまず目に付くのが店の奥に横に長いカウンター。その後ろにはずらりとお酒の瓶が並んでいるので、ああここはお酒を飲む場所なのね.と思ってしまうのも無理はないのですが、実際にはその横に置かれたエスプレッソ·マシンが大活躍しているのが普通です。コーヒーの項にも書きましたが、イタリア人にとって朝食代わりのカプチーノやカフェ·ラッテを飲む場所の一つが、自宅やオフィスの近所にあるバールなんです。
タバッキTabacchi=タバコのことと黒地に白抜きの看板が出ているバールはタバコ販売の許可を持っているバールで、他にも切手やトトカルチョのチケットなども売っています。自宅や友人に書いた絵葉書に貼る切手をバールで買って外のポストで投函なんてこともできるのは便利ですね。
IVN84TABACCHIVABARこのほか、地下鉄やトラム、バスの乗車券·回数券も売っていたり、プリペイド携帯のチャージができたりするバールもあり、ちょっとコーヒーを.杯飲んでいる間に手軽に用事を済ませることができるのは、やっぱりコンビニと同じ便利さですね。
バールにはクロワッサンローマではコルネット、ミラノではブリオッシュと呼ばれるやパニーニサンドイッチなどの軽食も置いてあり、小腹が空いた時に気軽に利用できるのもありがたいです。基本的にバールはカウンターでの立ち食いですが、テーブルと椅子が用意されているところもあります。その場合はスタッフが注文を取って持ってきてくれるのが普通で、同じものを頼んでもカウンターでの立ち飲み·立ち食いと値段が異なります(例えばコーヒー一杯が立ち飲みなら1ユーロなのが、座ったら1.3ユーロと言った具合)。まあ座るのは長居をするということなので、サービス料プラス場所代と考えればよいのでしょうか。日本での立ち飲み·立ち食いと言う文化が殆どありませんので、この辺り注意が必要ですね。
イタリアの要塞の中では最も高いところにあるという

いわば天下は実力のある者の回り持ちだった

鉄道の旅を楽しむとっておきの方法とは?

ツアーなどでイタリア旅行をする場合、国内の移動はバスになることが多いのですが、窓を楽しむには、やはり鉄道で旅するのが一番です。
主要都市間を移動する場合、時間の正確さや、移動時間を短縮し途中の車高速新線の全面開通2009年12月にミラノーボローニャ·フィレンツェ間の高速新線が全通し、既に開通していたフィレンツェ·ローマーナポリ間と繋がって、通高速列車日本で言えば新幹線が走るようになり、鉄道のサービスが飛躍的に向上しました。
ミラノ-ナポリ間を直以前は遅れることで悪名高かったイタリアの鉄道ですが、最近ではほぼ定刻通りに運行されることが多くなりました。高速列車アルタ·ヴェロチタ、略してAVと表記されるの所要時間はローマーナポリが1時間、ローマーフィレンツェが1時間半、フィレンツェ-ボローニャが40分、ボローニャ-ミラノが1時間です。特にフィレンツェ-ミラノ間はそれまで3時間近くかかっていたのが,時間以上短縮され、大変便利になりました。

ローマ司教の首位権教皇権を主張する

また従来はFSFerroviedelloStato=旧国鉄のみのサービスだったのが、民営化に伴い、イタロItaloと呼ばれる別会社の高速列車も導入され、ビスを競い合うようになり、サービス全般が改善されたのは我々外国人ツーリストに取ってもありがたいことです。
お互いにサー列車の種類さて、イタリアの列車の種類について。先ほどご紹介した高速列車AVは赤い車両でフレッチャ·ロッサ赤い矢の愛称が付いていますが、同じ高速列車でもフレッチャ·アルジェント銀の矢と、これらより停車駅の多いフレッチャ·ビアンカ白い矢と言う特急列車があって、基本的に全席指定ですので、事前に乗車券を買っておかねばなりません。価格は事前に購入すると割安になる場合が多く、ネットでも予約は可能です。以前は1等と2等しかなかったこれらの高速列車は、近年等級区分が改定され、上級クラスからエクゼキュティブ、ビジネス、プレミアム·エコノミー、エコノミーと飛行機のような等級区分となり、それぞれ値段が異なります。
高速新線以外の言わば在来線を走る列車としては、ICインターシティが在来線特急にあたりますが、こちらは従来通りの1等と2等のシンプルなクラス分け。
本数が高速列車に比べると少ないので、座席指定を取っておいた方が無難です。後はRと略称されるレジオナーレローカル列車で、これは各駅停車で座席指定はありません。
乗車券の買い方ここ数年でイタリアの鉄道にも急速に自動券売機が普及し、今までのように駅の出札口ビリエッテリーア-Biglietteriaで長蛇の列を作る必要がなくなりました。
ただ、こう言う機械を嫌う人が多いのは洋の東西を問わないようで、今でも大きな駅の出札口には長蛇の列が絶えることがありません。
券売機のタイプは皆同じですが、長距離路線用高速列車を含むとローカル線用に分かれており、当日売りから一カ月先まで買う事ができます。
カードしか使えない機械と、現金·クレジット·カードの双方が使える機会がある事にご注意ください。
クレジット.券売機はタッチパネル方式で、これは日本の券売機と同じです。言語はイタリア語以外に英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語が選べますが残念ながら日本語はありませんロンドンの地下鉄の券売機にはあるのに、英語を選ぶのが間違いないですね。最初の画面をタッチすると現れるのが、この画面ですこれはイタリア語


とにかく赤ん坊を連れて町を歩くと注目されることおびただしい ミラノと南のイタリア流 ちょっと値段は高かったのだがローマへの熱い憧れを若くから抱いていた